皆様のあたたかいご支援を頂き、国政の場で働かせて頂くことができることとなりました。

駅頭に立ち続け、人生をかけて通勤される方々、将来の夢を抱き、ひたむきに通学する若い人達と語らいながら多くのことを学ばせて頂きました。政治は時に憤りであり、夢を形にすることでもあります。 76,450人の声を背中に感じながら、国会の質問壇上に立たせて頂きます。

引き続きのご支援を宜しくお願い申し上げます。

氏名
伊藤 俊輔(いとう しゅんすけ)
生年月日
1979年8月5日生まれ
略歴
富士幼稚園
私立桐蔭学園小・中・高・大卒
北京大学留学
中央大学経済学部国際経済学科卒
会社起業・経営
経歴
第46回衆議院議員選挙に立候補
 59,166票を得るも惜敗
東京選挙区の中で惜敗率1位
(あと635票で比例区復活当選の次点まで追い上げる)
第47回衆議院議員選挙に立候補
 再び比例次点
第48回衆議院議員選挙に立候補
 76,450票で初当選

〇党務
政調会長補佐 / 青年局総務部長会
〇所属委員会
国土交通委員会 / 議院運営委員会 / 東日本大震災復興特別委員会
〇主な所属議員連盟
日中友好議連 / 日本パプアニューギニア友好議連 / 障がい・難病政策推進議連 / UR住宅居住者を支援する議連 / 小田急多摩線延伸促進議連顧問 / タクシー政策議連 / 新体操連盟副会長 / 長野県人会連合会顧問 / 拉致議連 / 連合政策フォーラム議員
〇過去に所属した委員会
総務委員会 / 法務員会 / 原子力問題調査特別委員会 / 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会